2006年09月12日

『SHI-NO ─シノ─天使と悪魔』

早くも3冊目、ということで早速読ませていただきました。



もう、なんと言っても支倉志乃が超絶可愛すぎ。思わず何度も


読み返してしまいましたよ。って、こんなこと書くとヘンな人みたいやん。



・・・まぁ、十分ヘンだからそれは良しとして。マニアックなのが


お好きな方には引き続きオススメです。って、ウチしかおらんやん。(w




今回は支倉志乃に危害が及びそうな気配をくすぶらせながら、


「僕」のほうに危機(?)が訪れるというお話。あとがきにもあるとおり


ミステリー、というワケではありません。あしからず。



事件が進むなかで、「僕」は支倉志乃の心の内を垣間見ることになりますが


それを知ってなお、胸に宿す「言葉(いのり)」は強くなっていきます。



・・・見開きを使っての挿絵はなかなか圧巻でしたね。




次巻がターニング・ポイントになる、ということでしたので


最後の最後に現れた思わぬ「伏兵」との関係や、未だ解決していない


支倉志乃自身の事件はどうなるのか、その行方を期待しつつ


発売を待ちたいと思います。



posted by 秋野ソラ at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23983864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック