2006年09月06日

『“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)』&『“文学少女”と飢え渇く幽霊(ゴースト)』

購入しつつも読む機会を逸していた1作目に、先日2作目が出ていたので


まとめて読み倒しました。



ライトノベルにしてはしっかりとしたミステリーで想像以上に


読みごたえがあります。力丸乃りこさんもオススメの一品です。



http://bleu-ciel.at.webry.info/200609/article_1.html




 --*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--


  心にキズを負ってしまった “元・天才美少女作家” の少年と、


  ありとあらゆる物語を「食べるほどに」愛する “文学少女” が、


  とある文学になぞらえた“物語”の片鱗に触れるところから始まる。



  いつしかその物語の全貌を明らかにしたとき、もう一つの


  “真の” なぞらえた物語が根底に流れていることを知る。


  そのとき “文学少女” は何を想うのか──。


  そして、そのとき少年の心にはどんな思いが浮かぶのか──。


 --*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--




・・・などと「エセあらすじ」っぽいことを書きましたが、まるでお菓子の


ウエハースのように重なり合ったストーリーと、終わったかのように


見えたお話が「まだ終わらんよ!」と言わんばかりにどんでん返しを


“魅せて” くれるところが好ましく思います。



特に『〜飢え渇く幽霊(ゴースト)』は随分と難産されたようですが。


お話はどちらも重めですので、そのあたりはご注意下さい。




--------------------------------------------------------



野村美月先生と言えば、個人的には「Bad! Daddy」がお気に入り。


煉瓦さんの挿絵で “絵買い” しましたけど、あれも最後まで


一気に読んでしまいましたねぇ。



いま「マジキュー」でコミック連載中なんですが、超絶コミックス化希望。


出たら即買いすることになるでしょう。



posted by 秋野ソラ at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23983853
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック