2022年11月28日

『恋人以上のことを、彼女じゃない君と。』

「異世界サ活」の 持崎湯葉 先生が贈る新作は、大学時代に交際と別れを経験した男女が
社会人になって再会し、息苦しい世の中で名状しがたい関係を築いていく顛末を描きます。
(イラスト:どうしま 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094530964


ゲーム会社の激務に耐える“冬”が出社するビルで偶然再会した大学時代の元カノ“糸”。
昔話に花が咲き、お酒も進んだ二人は、気付けばあの頃のように褥を共にして朝を迎える。
ちゃんとしたいと構える彼に彼女は「だた心地良いから一緒にいようよ」と吐露する──。

子供の頃に描いていた社会人としての自分。社会に出て数年くらいに味わう理想と現実の
ギャップ。理不尽なことへの怒りを飲み込まなくてはならない虚しさ。業種は異なっても
似た経験を想起させられて心に刺さるものが。二人のような恋愛はありませんでしたけど。

恋とか結婚とかもううんざりな“糸”に対し、恋心を引きずっているのは否めない“冬”。
気が置けない関係で体も許す仲なのに、好き嫌いではなく一緒にいる楽しさを求める二人。
これは確かに不思議で、実に興味深い人間関係。2人の思い描く未来が気になる作品です。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189955195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック