2022年10月05日

『高嶺の花には逆らえない2』

冬条一 先生が贈る、ヒロインたちが暗躍する新感覚ラブコメ。第2巻は“あいり”との
デートを夢見る“葉”が資金調達のためバイトに精を出す所から新たな火種が生まれます。
(イラスト:ここあ 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094530902


身だしなみを整えるのも、デートに出かけるにもお金が要る。ということでファミレスの
アルバイトに臨む“葉”がのっけからババを引きそうになる展開と、その裏で巡らされる
謀略と駆け引きが驚きの連続。“あいり”の攻勢が功を奏するか、注目の展開が続きます。

焦りを覚えずにはいられない“千鶴”が、けれども自身の決意を貫き通そうとする姿には
称賛するしかなくて。それでも挫けそうな心を“美紀”が激励するあの一言に痺れました。
彼女の母親も事態好転に寄与するものの、隠したくなるのも納得の曲者なのがまた面白い。

“新”の“あいり”に対する執着が益々の熱を帯びてくる中で、彼女が彼に課した最後の
約束がいよいよ危険球っぽく見える引きが非常に気になります。“千鶴”も“葉”に対し
願い事を叶えてもらって予断を許さない流れですし、揺れ動く彼の心の行方も要注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189849269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック