2022年06月13日

『高嶺の花には逆らえない』

冬条一 先生の「カクヨム」投稿作が書籍化。入学と共に校内随一の美少女に一目惚れを
する少年と、その友人となるモテ男が恋に振り回されていく様を描く新感覚ラブコメです。
(イラスト:ここあ 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094530681
https://kakuyomu.jp/works/16816452218689030051


引きずり続けた中学時代の初恋に別れを告げ、高校で同じクラスとなった“立花”に恋を
する“佐原”。意を決して告白を決めた矢先、友人となった校内一のイケメン“進藤”に
先を越された“佐原”。憂鬱な彼は翌日、友人の様子が何やらおかしいことに気づく──。

“進藤”と付き合い始めたはずの“立花”が弁当を作ってくれたり、名前呼びしてきたり
と“佐原”が戸惑うのも無理はなく。そんな彼が偶然出会うぽっちゃり系少女“武田”に
彼の家族の心を掴まれていく展開とその手腕が面白い。こんな外堀の埋め方があるのかと。

“進藤”の思惑を“立花”が知っている点。そもそも彼女が抱えている胸の内。それらを
知る由もない彼が彼女に目をつけたのが運の尽きというか。悪あがきを続ける彼、そして
岡目八目で状況を見守る“美紀”を前に“佐原”はどう振る舞うか、続きが気になります。

posted by 秋野ソラ at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189597911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック