2022年01月21日

『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件5.5 SS冊子付き特装版』

佐伯さん 先生が贈る甘く焦れったい恋の物語。5.5巻と銘打つのは初の書き下ろし短編集。
120Pを超えるSS冊子付き特装版には購入特典のショートストーリー等から35編を収録です。
(イラスト:はねこと 先生)

https://ga.sbcr.jp/product/9784815612917/


一番の友人“千歳”に「天然小悪魔」と称されるほど“周”に対して迂闊すぎる“真昼”。
そんな彼女の油断する姿を見ても耐え忍ぶしかない彼。2人の何気ない日常の一部を見る
だけでも楽しい。本作の面白さ、神髄を再認識させてくれる短編集ではないかと思います。

“周”や“真昼”の話だけでなく、“優太”の思うところが聞けたり、“千歳”が“優太”
と交際するにあたって意外な一面を覗かせる昔語りがあったり、“優太”が“周”と友人
として構い始めた顛末を語るナイショ話が交わされたり、とサイドストーリーも万全です。

特装版に収録のSSを読むと、時系列に沿って“真昼”が“周”に抱く印象が、彼の魅力を
自分だけが知る優越感、それに伴う独占欲の高まりを伴って変化しているのが分かります。
はねこと先生の蠱惑的なイラストに基づく「小悪魔の誘惑」が現実になる日を夢見てます。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189284257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック