2021年10月15日

『サイレント・ウィッチ II 沈黙の魔女の隠しごと』

依空まつり 先生が贈るファンタジー作品。第2巻は学園生活を通じて新たな出会いや挑戦
に臨む“モニカ”の預かり知らぬ所から“フェリクス”を狙う新たな陰謀が動き始めます。
(イラスト:藤実なんな 先生)

https://kadokawabooks.jp/product/silentwitch/322105000092.html
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_EB03202357010000_68/
https://ncode.syosetu.com/n8356ga/


“ラナ”や生徒会メンバーとの距離感も少しずつ縮まり、新しく出会った“グレン”や
“ケイシー”も加わり“モニカ”の日常がより騒がしく変化していく展開が微笑ましい。
そんな中、結界に守られる学園に忍び寄る悪意に彼女が気付く所から話が動き始めます。

“マクレガン”先生に身バレしそうになったり、と相変わらず油断ならない“モニカ”。
“クローディア”にも意味ありげな言動をされて振り回される流れが印象的で、その後
フォローに回る“イザベル”の悪役令嬢っぷりが遺憾なく発揮される場面も見所の一つ。

“フェリクス”の身の安全を脅かす犯人は誰か。聡明な“モニカ”だからこそ辿り着き、
思わず冒頭のモノローグを想起させる構成が切ない。それに負けじと“ルイス”に対し
駆け引きを持ち出す彼女の姿には驚きと成長を感じずにいられません。続きも期待です。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189066219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック