2021年10月14日

『サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』

依空まつり 先生の「小説家になろう」投稿作が書籍化。魔術行使に詠唱が必要な世界で
唯一、無詠唱魔術が使える超人見知りだけど最強な魔術師に纏わるファンタジー作品です。
(イラスト:藤実なんな 先生)

https://kadokawabooks.jp/product/silentwitch/322012000450.html
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_EB03202357010000_68/
https://ncode.syosetu.com/n8356ga/


過去に王国を半壊した黒竜の再来。その竜害に晒されるはずだった領民らを救った者こそ
15歳で七賢人の一人となった〈沈黙の魔女〉こと“モニカ”。隠棲していた彼女に王国の
第二王子を護衛する密命が下されるものの、重度のあがり症である彼女には荷が重く──。

〈沈黙の魔女〉であることを隠しつつ、顔も知らない第二王子“フェリクス”をどう護衛
するのか。“モニカ”に大恩を感じる“イザベル”の助けを皮切りに、学生の一人として
悪戦苦闘の日々を送る姿を見守るのが面白い。“ルイス”の表裏ある言動も興味深い所で。

やがて“フェリクス”を巡る陰謀に巻き込まれていく“モニカ”が自身の力を使い解決へ
導いていく展開も見事な上に、彼が彼女を普通の学生ではないと見抜きながらも正体には
気付かない加減が実にいい塩梅で。どこまで隠しごとが通用するのか、続きが楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189064158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック