2021年09月23日

『楽園ノイズ3』

杉井光 先生が贈る青春バンドストーリー。第3巻は「PNO」の新メンバー候補“伽耶”を
加入させるかどうか悩む過程で“真琴”が自分の音楽と「PNO」の音楽を見つめ直します。
(イラスト:春夏冬ゆう 先生)

https://dengekibunko.jp/product/paradise_noise/322011000007.html


“玉村”の思いつきで“真琴”らに紹介された“伽耶”。ベースも上手く即戦力な彼女が
加入した「PNO」という未来を、彼女の可能性を見極める彼が結論づけたあの一言は流石。
彼女に涙を流させた罪作りな彼に下される天罰が少しでも軽くなることを祈っておきます。

自分抜きでクリスマスライブを、とわがままを通した“真琴”がソロ活動の中で出会った
プロレベルなのに謎多き動画の音源。辿り着いた“拓斗”との出会いが共に「音楽バカ」
であることを印象づけ、“拓斗”の止まっていた物語と紐づける結末へと誘う展開が絶妙。

“伽耶”も憧れていた「musa男」の活動を、「Misa男」として見届けてきた“華園”先生。
彼女が待誕節を通して貫ききれなかった嘘、残された祈りと願い。彼がこなしたハードな
デートスケジュールの果てに現実へと繋ぎとめられた「あの手」に光明を見い出しました。

posted by 秋野ソラ at 04:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189015197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック