2021年09月16日

『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 13』

手島史詞 先生が贈る、不愛想魔王と箱入りエルフによるラブコメファンタジー。第13巻は
<アザゼル>化してしまった“ネフテロス”を救うため“ザガン”が総力戦で対処します。
(イラスト/COMTA 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/981.html


負け戦、劣勢というキーワードで暗めの導入を、敵地に居ながら「愛で力」に打ち震える
“ゴメリ”のいつも通りなノリで楽観的な雰囲気へと昇華させていくのが本作らしい所。
“シアカーン”の軍勢も様々な繋がり、絆が何とかしてくれると信じられる、というもの。

“ネフテロス”を救う手立てはある、そう信じて突き進む者たちの中でも一際強い気概を
見せる“ネフィ”が迷わず手に取った力。今後、物語の鍵を握りそうな“フォル”の件も
含めて「魔王」周りの勢力図が書き換わった所は次巻以降も要注視な展開かと思います。

“ビフロンス”が「最高に楽しいゲーム」と評価した駆け引きを、“ネフィ”の誕生日を
祝うために制した“ザガン”。彼女の悔し涙が嬉し涙に変わるエピローグ、そしてついに
彼が欲しいものを得た瞬間は感慨深い、というか「愛で力」も爆発。次巻も楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188999443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック