2021年06月11日

『失業賢者の成り上がり 〜嫌われた才能は世界最強でした〜』

三河ごーすと 先生が原作を務める累計25万部突破の人気漫画シリーズを自らノベライズ。
賢者の天啓を受け、死霊術の才能に恵まれた少年が挫折と逆転人生を辿る顛末を描きます。
(イラスト:ごくげつ 先生 キャラクター原案:おおみね 先生)

http://dash.shueisha.co.jp/bookDetail/index/978-4-08-631423-7


儀式を経て人々に適切な才能と職業を刻印として与えられる世界。特に優れた刻印を持つ
“カルナ”は輝かしい未来が約束されていたはずなのに、今や世間から爪弾きにされる身。
彼の人生にケチが付いたすべての始まりは、あの勇者パーティに雇われてからだった──。

“カルナ”を引き立て役とするためだけに雇った勇者“ノリス”及びお付きの美女2名の
下衆っぷりがすでに悪役レベル。後で“カルナ”に復讐を遂げられても情状酌量の余地が
ないくらいで、むしろ勇者を生かして帰すほどに優しい彼の善良なる気概が際立つばかり。

そんな“カルナ”が持つ能力の稀有さ、未知なる可能性に目をつけた魔王“セシリア”が
一枚岩ではない魔王軍にどう干渉していくか、無双する彼の秘密もさることながら勇者を
倒された人族は大丈夫なのか、など気にしつつ次巻でどう魅せてくるか注視したい所です。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188748536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック