2021年06月09日

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。5』

しめさば 先生が贈るサラリーマンと女子高生の日常ラブコメディ。第5巻は実家へ戻る
“沙優”に同行する“吉田”が、根深い問題を前にして彼女の将来について考え抜きます。
(イラスト:ぶーた 先生)

https://sneakerbunko.jp/product/higewosoru/321901000559.html


「あなたなんて産むんじゃなかった」。“吉田”との共同生活を通じて歩み寄ることを
決めた“沙優”に母親が告げた一言。コップの水をぶちまけることなく冷静に、けれど
彼女のために熱く語る彼の姿に驚かされつつ、真摯で紳士な心根に胸が熱くなりました。

迫る別れの時。高校生活という人生に一度の期間、その六分の一以上を一緒に過ごした
思い出を忘れないように、と体の関係を持とうとする“沙優”の気持ちも分かりますし
子供には興味ないと突っぱねる“吉田”の心境も得心がいきます。最後まで見事な虚勢。

“沙優”のいない日常に、けれどもひげは剃り続ける新しい毎日に戻っていく“吉田”。
彼の行動を羨む“一颯”も望んでいた未来が遠くない時節に訪れるのは推して知るべし。
2人の物語を描き切った しめさば 先生を祝うと共に、次回作を楽しみに待つ次第です。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188743020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック