2021年06月08日

『魔眼で始める下剋上 魔女とつくる眷属ハーレム』

箕崎准 先生が「スニーカー文庫」から贈る新作は、地下遺跡の最深部に眠るお宝を狙う
最底辺市民の少年が、世界を変える力を巡って数奇な運命を辿るバトルアクションです。
(イラスト:ゆか 先生)

https://sneakerbunko.jp/product/magan/322102000073.html


美少女剣士が持つ宝の地図を盗み取ろうと後を追うが、返り討ちに遭う少年“エイト”。
彼女は王国の第一王女“リリシア”。奴隷になれば罪を見逃す、と言われ渋々従う彼に
「迷宮の宝、王の力を手に入れることが出来るよ」と頭の中に直接声が響いてきて──。

古の魔女“ヴィノス”によってもたらされた人を支配する魔眼の能力。彼女の枯渇した
魔力を補うためにも一番手っ取り早いということで行われる“エイト”たちの愛の営み。
ゆか 先生の挿絵も相まって、エロノベにも引けを取らない悦楽に耽溺する描写満載です。

帝国により没落させられた“リリシア”と“エイト”が共闘して第三皇子“ルーファス”
に挑む構図。彼の良き理解者である“バニラ”の立ち位置。“ヴィノス”を含めた魔女
8人との関わり合い。ペース早めに進行する物語がどこへ向かうのか気になる作品です。

posted by 秋野ソラ at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188740615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック