2021年04月13日

『インフルエンス・インシデント Case:01 男の娘配信者・神村まゆの場合』

駿馬京 先生の「第27回電撃小説大賞・銀賞」受賞作。女装動画配信で人気を博す少年が
ストーカー被害に遭う事件へ能力も性格も非凡な大学教授とその助手が解決に臨みます。
(イラスト:竹花ノート 先生)

https://dengekibunko.jp/product/influence/322011000153.html


メディア社会のコミュニティ形成などを専門に、若くして大学教授の任に就く“玲華”。
彼女のゼミに所属し助手を務める“ひまり”は注目の動画投稿者が更新停止中なことを
心配していると「僕を助けてくれませんか?」と中性的な男の子が突然訪ねてきて──。

ふとしたことでネット上で注目を集める存在になる。それによって人生の明暗を分けた
人々の機微を描く、社会派小説のような側面を持つ内容に考えさせられる点もしばしば。
高校生の“真雪”に熱が入ってポンコツに見える“ひまり”が話の鍵を握るのも注目で。

“真雪”が身の危険を覚える契機となる簡易ブログ型SNS「RootSpeak」。その使い方に
問題を投げかける一方で、その運営自体に謎を仕込む大掛かりな物語は読めば気を惹く
ことうけあい。新感覚ミステリーの流れ、良い形で続いてくれることを切に期待します。

posted by 秋野ソラ at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188574984
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック