2021年04月09日

『私のシスター・ラビリンス』

みかみてれん 先生と Tam-U 先生がタッグを組んで「電撃G'sマガジン」誌上にて行われた
読者参加型企画のガールズラブコメディ。「カクヨム」連載分の物語も収録されています。
(イラスト:Tam-U 先生 企画:電撃G'sマガジン編集部)

https://www.kadokawa.co.jp/product/322011000739/
https://kakuyomu.jp/works/1177354054895228983


淑女を育てる中高一貫の女子高に転入した“涼香”が講堂へ入りまず目にする6人の少女。
新年度から導入された2年生1人に2人の1年生をグループとして組ませ生活を共にする
ことで成長を促す制度を通じて、最終的に彼女はただ1人の「妹」を選ぶことになる──。

かけがえのない祖母との別れを経験し、新天地で新たな幸せを見つけようとする“涼香”。
“真悠”をはじめとする個性派揃いの妹候補、立場を同じくする“帆南”や“明日葉”の
言動、考え方と対比させながら“涼香”の機微を浮き出たせていく構成が面白いところで。

“涼香”の妹として誰を組ませるか、妹たちは彼女に対しどんな感情を抱いたかを読者が
選んだ記録として後を追っていくのも興味深い。どの選択にも対応できるよう備え続けた
てれん 先生に、イラストで物語を演出し続けた Tam-U 先生に「お疲れさま」の一言です。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188563067
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック