2021年01月15日

『娘じゃなくて私が好きなの!?(4)』

望公太 先生が贈る年の差超純愛ラブコメ。第4巻は “巧”への想いにもう迷いはないと
心を決めたはずの“綾子”が、ここまで来て彼の気持ちを翻弄してします局面を迎えます。
(イラスト:ぎうにう 先生)

https://dengekibunko.jp/product/mamasuki/322010000139.html
https://manga-park.com/title/32170


あれだけ大胆な、挿絵指定も受けた行動も見せつけてくれたのにまだ恋人同士ではない。
“美羽”や“狼森”が呆れるような「そんなワケあるか」という展開に陥るのが“綾子”。
面倒臭いところも含めて彼女が好きだと分かっているだけに“巧”には同情するしかなく。

自分が相手に伝えたいことは、態度だけではなく言葉にしなければ伝わらない。婚活して
いた時も、結婚してからもそう感じる瞬間は何度も味わってきています。今回“綾子”が
あたふたしている様子を見て、反面教師として胸に刻み直しておこうと思った次第です。

二人が過去の思い出を振り返って互いへの想いをより強くした中で“綾子”に訪れる仕事
での一大転機。一難去ってまた一難、かと思えば“狼森”の粋な計らいで一味違う難局に
直面する彼女には吉と出るか凶と出るか。恋心が愛情へ進む機微をどう描くか楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188308834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック