2020年10月29日

『僕の軍師は、スカートが短すぎる〜サラリーマンとJK、ひとつ屋根の下』

七条剛 先生が贈る新作は、終電帰りが当たり前な日々を過ごす会社員が女子高生を助けた
お礼にと適切な助言を受け続けることで生活を一変させていく同居生活ラブコメディです。
(イラスト:パルプピロシ 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4815607470.html


ある日の夜、会社員の“史樹”が自宅の前で見知らぬ女の子が蹲っていることに気が付く。
彼女の名は“穂春”。お願いされて自宅へ泊めた翌朝、彼女から珍しい手土産を渡される。
「これを会社の人に渡せば定時帰りが出来る」と彼女が言うので持って行ってみるが──。

心理学の知識を活かし、アイドルグループを大躍進させた実績を持つ“穂春”の突拍子も
ないアドバイスが“史樹”に降りかかるトラブルを次々解決させていく展開が実に爽快で。
そんなサクセスストーリーに加え、勧善懲悪な要素もあるため読了感が半端なく良いです。

“穂春”はなぜ心理学に詳しいのか、あの夜“史樹”の家に居た理由は、といった疑問も
しっかり答えてくれていて物語の構成を見ても絶妙な本作、オススメするしかないです。
「妹第一主義」な“史樹”の心に“穂春”は迫ることができるのか、続きが気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188072116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック