2020年07月13日

『俺の女友達が最高に可愛い。2』

あわむら赤光 先生が贈るピュアフレンドラブコメ。第2巻は“琴吹”から告白を受ける
“カイ”が“ジュン”との距離感と比較して、恋愛関係の難しさを知ることとなります。
(イラスト:mmu 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4815605643.html


“琴吹”からの突然の告白。“カイ”としては趣味も合う、話していて楽しい、でも恋愛
と言われてもピンとこない。“怜奈”から二者択一を求められて“ジュン”と疎遠になる
くらいなら彼女なんて欲しくない、と率直に結論づけるくらいぶれないのが実に彼らしい。

友だちだろうが何だろうが想い人と結ばれるには“ジュン”を何とかしないと、と考える
“琴吹”の思考回路は自然。なのに“ジュン”は彼女の愛らしさに首ったけで仲間としか
見ていないのだから唖然。秘密までつまびらかにしたのに報われないあたりは思わず同情。

やがて“カイ”と“ジュン”、3人で色々と楽しんだ日々から導き出した“琴吹”の結論。
彼女なりに自分と想い人との距離感を掴んだことで「名を捨てて実を取る」みたいな道を
手に入れたのが実に興味深い。彼もその意味に対して、大いに悩みぬいてほしいものです。

posted by 秋野ソラ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187690582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック