2020年06月30日

『後宮妃の管理人 三 〜寵臣夫婦は繋ぎとめる〜』

廣本シヲリ 先生によるコミックス1巻も発売を迎えた、しきみ彰 先生が贈る後宮物語。
第3巻は陛下との離縁を示す賢妃“明貴”の真意を“優蘭”が探り、対策に乗り出します。
(イラスト:Izumi 先生)

https://lbunko.kadokawa.co.jp/product/kanrinin/322002001181.html
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_FL00201451010000_68/


“明貴”にどす黒い感情を向けられる“優蘭”にとってはとばっちりでしかないこの案件。
「何やってんの“劉亮”!?」と言いたくなる夫婦喧嘩の背景に思わず“優蘭”を応援する
感情に一層の熱が入るというもの。彼女を気遣う“皓月”の男前ぶりも磨きが掛かります。

反旗を翻す勢いの“皓月”から、これまた精神的被害を被る“慶木”も陛下に近い考えを
見せたため“優蘭”たちからしっぺ返しを食らう顛末も興味深い。“明貴”にも非はある
ため「雨降って地固まる」形にどう持っていくのか、読み進めるにつれ期待が膨らみます。

離縁騒動に加えて難題が重なる中、“優蘭”のアイデアが見事に嵌まっていく結末は胸が
すくというもの。見ていてこそばゆくも、着実に仲を深めていく夫婦の行く末は見届ける
甲斐がありますし、“玄曽”が“皓月”を評したあの意味も見極めていきたいところです。

posted by 秋野ソラ at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187648846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック