2020年06月11日

『物理的に孤立している俺の高校生活8』

森田季節 先生が贈る青春未満ラブコメ。第8巻は“えんじゅ”がココロオープンで無意識
に示した感情を前に“業平”が、もしくは周囲の残念系異能力者たちが想いを巡らせます。
(イラスト:Mika Pikazo 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094518481


異能力がもたらす負の要素が、人研で培ってきた人間関係が、踏み出す一歩を鈍らせる。
それは“えんじゅ”に限らず“業平”にも言えること。「俺が好きなのは、愛河だ」と
嘯く彼の気持ちは恋心、というよりは心を縛るための足枷のような気がして実に切ない。

意を決して動物園デートに“愛河”を誘った“業平”の姿を見“えんじゅ”てが断言した
あの一言が、“愛河”との話の端々に出てくる“えんじゅ”のイメージが、いい雰囲気を
見せる2人の仲が迎える結末を予感させるだけに、ページをめくる手も鈍るというもの。

それにしても“エリアス”が流すあの涙の訳は突然でした。全てを見通す“明星”元会長
だからこその仕業とはいえ。同じく「相手」の想いを知る“愛河”があの決断をしたのも
無理はないだけに切なさは増すばかり。拗れた恋愛模様が向かう先を興味深く見守ります。

posted by 秋野ソラ at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187583510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック