2020年05月25日

『楽園ノイズ』

約2年ぶりとなる 杉井光 先生の電撃文庫新作はボーイ・ミーツ・ガールズ・ストーリー。
女装して演奏した動画をきっかけにして高校生活が活気づいていく少年の青春を描きます。
(イラスト:春夏冬ゆう 先生)

https://dengekibunko.jp/product/paradise_noise/322001000035.html


演奏動画の閲覧数を上げるため女装していることを知られた弱みから音楽教諭の手伝いを
する羽目になった“真琴”。その教諭に嫌がらせ満載の編曲をした譜面を渡そうとしたら
それを完璧に弾いてしまう少女と出会う。プロ級の技量をもつ彼女は訳アリのようで──。

“凛子”を始めとして、技巧を持ちながらもその音を楽しめない悩みを抱える少女たちを
手助けする“真琴”。“詩月”や“朱音”も交え「Musa男」として世に送り出す彼の曲に
惚れ込み、衝突しながら心を通わせる展開は懐かしくも新しい、先生ならではの青春物語。

音楽好きが集まれば自然と向かっていく流れ。プレイヤーとして彼女らをリスペクトする
彼の振舞い、その心情を知りながら活を入れる“美沙緒”の本音、そしてQRコードの演出。
読んで心震わせる先生の音楽青春モノに再び出会えた幸運に感謝を。オススメの一作です。

posted by 秋野ソラ at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187524340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック