2020年03月18日

『このあと滅茶苦茶ラブコメした2 私とラブコメしたいんですか? ふふ、お断りしますね』

仙道八 先生によるコミック連載も始まった、春日部タケル 先生が贈る学園ラブコメディ。
第2巻は“君影”のラブコメ魔法で“大我”が彼女の一番知られたくない秘密を探ります。
(イラスト:悠理なゆた 先生)

https://sneakerbunko.jp/product/konoato_lovecome/321906000149.html


“シフォン”に対して抱いた感情に気付かない、という“大我”の致命的な設定。これこそ
何かしら認識阻害の魔法が掛かっていてもおかしくない言動。自分から想いを伝えたい、と
仄かに決意表明するも道険し、という感じで“ピュアリィ”が呆れるのも致し方ない所かと。

そんな中、“大我”たちのクラスに赴任してきた“凜堂”が格好良い女性の鑑と言える傑物
にも拘わらず誤ったキュートさを目指す、どこか滑稽で少々扱いに困る人物。ありのままの
自分でいることが一番と諫める彼に心動かされた彼女に禁断の恋は芽生えるか注視したい所。

ありのままの、と言えば前巻で下ネタ連発の裏側に抱く淡い想いを魅せてくれた“君影”が
何度試みてもそれを言葉にできないもどかしさを今巻では“雪村”が代弁してくれています。
というか下ネタ連発の理由が鮮烈で、エピローグもまた印象深い。次巻の標的が楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187283859
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック