2019年11月18日

『ピンク色のリトルマーメイド! 1』

鼈甲飴雨 先生の「第13回HJ文庫大賞・銀賞」受賞作。水泳バカの男子高校生がプール使用
の代替策として女子小学生の学園に転校し、コーチを務める過程を描く青春ラブコメです。
(イラスト/イチリ 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/876.html


ゆくゆくはオリンピック選手も視野に入れ、水泳競技の強豪校に進学した“薫”。しかし
その高校のプールに隕石が墜落し、使えなくなるという水泳バカにとって死活問題が発生。
落胆する彼に謎の女性が放つ口車「うちのコーチになれば泳ぎ放題!」は渡りに船で──。

最初は不審がる4人の少女たち。それが夢のために“薫”を師事し頑張る“エリス”の姿、
そのやり取りを見て他の3人も各々の動機をもって感化されていく展開はスポーツものと
してみても熱い。それがやがて淡い想いへと繋がっていく彼女らの機微の変化も愛らしい。

水泳以外に興味がない、という鈍感少年が女子小学生らを指導していくうちに何のために
自分は泳ぐのか、と自分自身を見つめ直す場面も見所かと思います。イチリ 先生が描く
女の子たちの可愛らしさもまた絶品。特に“菫”が反則級。どう成長するか楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186816547
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック