2019年10月14日

『横濱SIKTH ―けれども世界、お前は終わらない―』

イラストレーターの ニリツ 先生が「LINE文庫」にて作家としてデビューを果たす本作。
横濱を舞台に、異能力者たちが起こす事件に関わっていく少女の数奇な運命を描きます。
(イラスト:ニリツ 先生)

http://novel-blog.line.me/archives/18895179.html


行政特区として半独立地域となった横濱。両親を亡くした少女“セカイ”はナンパ男らに
絡まれているところを謎の美少年“まぜる”に救われる。ゲバブサンドを手に身の上話を
しているとその店に現れた異様な太さの右腕を振るう男から2人共、追われる羽目に──。

同人誌に収録された喫煙娘のイラストから、ここまで読みごたえのある異能ものが書ける
ニリツ 先生には驚嘆するしかない。「シックス」と呼ばれる能力を悪用する厄介者たちを
排除する「掃除屋」との出会いが“セカイ”の人生を変えていく顛末は興味深く、面白い。

“まぜる”の保護者である“竜眼寺”が見せる突然の敵対行動に驚かされた上に、それを
超える横濱という場に潜む思惑、何より彼に課せられた役割が気になり続きが待ち遠しい。
見事なデビューを飾った ニリツ 先生の、作家としての躍進も期待します。オススメです。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186679360
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック