2019年08月22日

『完璧美少女な天才ショタがダダ甘お姉ちゃんと業界仰天のゲームを創りながらゲーム作りの怖いお話を聞かされています!』

竹井10日 先生が贈る新刊は、天涯孤独となった美少年が、突如現れた2人の美少女と共に
ゲーム作りをしていく過程を通じてダダ甘い生活と業界の闇を描いていくお仕事小説です。
(イラスト:CUTEG 先生)

http://lanove.kodansha.co.jp/books/2019/8/#bk9784065155202


岐阜県貴石町に古くから土着する貴石家の血族にもたらされる突出した才能、ギフテッド。
絵に関する才能を持つ“美咲”、文学に関する才能を持つ“咲良”は亡くなった先代当主
が残した愛人の子“蓮”を見た瞬間、保護欲をかき立てられ彼を引き取る決意をする──。

“蓮”も数学の才能を有していて、それを活かしてゲームを自作していた所から姉2人の
能力も活かして規模の大きな制作に挑戦していくサクセスストーリー・・・の中で色々と暗部
を目にする話がちりばめられており考えされられるものが。業界モノとしても興味深い話。

“蓮”の外見が女の子に見えるデザインなのも妄想を膨らませる感じで流石は CUTEG 先生
といったところ。いつものフレーズも含め、先生お得意のダダ甘い姉モノなのは確実です。
存分に楽しめる展開で一巻完結と謳ってはおりますが、伝説の行方を見てみたいものです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186455366
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック