2019年08月16日

『ウィッチクラフトアカデミア 〜ティノと箒と魔女たちの学院〜』

逢空万太 先生が新レーベル「LINE文庫エッジ」から贈る新作は、箒状の道具に跨って空を
飛翔し競い合う魔女に憧れ、その養成学校に進学する少年の切磋琢磨する様子を描きます。
(イラスト:bun150 先生)

http://novel-blog.line.me/archives/17483740.html


少年“ティノ”が憧れる風景。ブルームという箒状の飛行具に乗り風素を推進力に変えて
空を翔る魔女の姿。彼女らが挑む競技「ウィッチクラフト」に参加したいと努力し、単身
「アウティスタ飛箒学院」に進学する彼を待ち受けるのは想定外の少女たちと現実で──。

地元ではちゃんと飛べたはずなのに学院に来てからは上手く飛べない“ティノ”の苦悩を
知ってか知らずか、“マルタ”は彼を下僕扱いしたり、“ウルスラ”は必要以上に世話を
焼いたり。彼にとっては落ち込んでばかりもいられない騒がしい日々が続くのが救いです。

報われない“ティノ”の努力にもどかしさを感じる中、担任から告げられる足切りの宣告。
乗り越えなければならない“グリゼルダ”という壁を、彼女の抱える悲愴な願いと併せて
超えられるか。煽る展開の先に見える“ウルスラ”の怪しさと共に、続きが気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186428506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック