2019年08月14日

『はしたない姉妹ですが、躾けてもらえますか? 獣魔導士は服従の首輪にて姉妹と契る』

ツカサ 先生が贈る新作は、人が超常的な力を持つ幻獣に変貌する病により崩壊した日本で
幻獣化した姉妹を救うべく、獣魔導士を目指し彼女たちを調教する少年の物語を綴ります。
(イラスト:小山内 先生)

https://fantasiabunko.jp/product/201907hashitanai/321905000214.html


幼き日に両親を幻獣に喰われた“玖郎”の心を救った柊家の“遊奈”と“利亜”。2人が
幻変症に罹り幻獣として施設に隔離されてから5年、獣魔導士となって彼女たちを使役し
高い地位に上り詰めることで安寧の日々を取り戻そうと、彼は候補生として乗り込む──。

戦略的にも後手に回る“玖郎”を“遊奈”の幻獣が見せる強さで何とか後押しするもまだ
足りず、一方で“利亜”のは未知数と言われるも現状は弱い。そこで「調教」という実に
背徳的な強化策に乗り出す展開にそそられるものを覚えながらも話の軸は実はそこになく。

恥ずかしい思いをしながらも“利亜”の改善策も見い出して、次々と強敵を打破していく
流れに爽快感を味わった所で“アリス”の意味深長な言動、“玖郎”自身の秘密、そして
ラストで示す幻獣になることの意味が心に重しを乗せます。興味深く、続きを見守ります。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186420827
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック