2019年07月04日

『公女殿下の家庭教師3 魔法革命で迷える聖女を導きます』

早くもコミカライズが決定した 七野りく 先生が贈る魔法革命ファンタジー。第3巻は心の
奥底で絶望や嫉妬の渦を巻く“ステラ”の自信回復に“アレン”が手を貸すことになります。
(イラスト:cura 先生)

https://fantasiabunko.jp/product/201812koujodenka/321903000053.html


“ステラ”失踪。その決定的な要因を作り出した“フェリシア”の「ある決意」にも大きく
関わることになる“アレン”。その決意に至るまでのあれやこれやを見るに家庭教師意外の
立場でも厳しさと優しさを上手く使い分けていて、彼の「天性の年下殺し」ぶりが光ります。

親友を気遣う“カレン”に配慮して動く“アレン”。悩みを打ち明ける“ステラ”に対して
「デートしましょう」とかあんなことを言いだすから“リディヤ”が「火焔鳥」を引っ張り
出してきたりしちゃう訳ですけど、そこがまた面白いですし見ていて実に微笑ましかったり。

思いがけない勝負が繰り広げられる間、ある意味で渦中の人である“ギル”が“アレン”に
対して示す2種類の態度、その落差にもご注目。彼も良い後輩ぶりを魅せてくれています。
誰の代わりでもない、“ステラ”が“ステラ”として自立する勇姿をぜひぜひご覧ください。

posted by 秋野ソラ at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186228741
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック