2019年05月06日

『継母の連れ子が元カノだった2 たとえ恋人じゃなくたって』

草壁レイ 先生による漫画連載が始まった、紙城境介 先生による元恋人たちによる同棲悶絶
ラブコメ。第2巻は“水斗”に新しくできた女友達に“結女”がどう反応するか注目です。
(イラスト:たかやKi 先生)

https://sneakerbunko.jp/product/motokano/321901000552.html


「母の日」を通じて勝負にいそしむ“水斗”と“結女”、2人の姿に心温まるものを感じる
その裏で“川波”と“南”が繰り広げるラブコメ要素全開な様子に思わずニヨニヨ。勝負の
行方と共に、「母の日」のその後に思わず砂を吐きたくなる顛末も見どころの一つでしょう。

学業でも競い合う元カップル。そこで示した“結女”の自己認識に対して“水斗”が返した
反応に心を鷲掴みにされる彼女の様子が何とも愛おしい。今回登場した“いさな”に対する
「彼の姉」という立場からの言動の数々もまた距離感の近さを意識させてこれまた興味深い。

あとがきでも触れられていた、一緒に居たい相手へ抱く感情は必ずしも恋愛感情でなくても
良いという考え方には考えさせられるものがありました。“いさな”には共感できる部分が
多々あることも要因として大きいです。これを踏まえて“結女”がどう動くのか楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185958268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック