2019年04月23日

『友達の妹が俺にだけウザい』

三河ごーすと 先生が贈る新作は悶絶必至のいちゃウザ青春ラブコメ。周りには自分の事を
大嫌いと思っている女子しかいない、と嘯く少年がある信念をもって生きる様を描きます。
(イラスト:トマリ 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4815601874.html


自身を実に平均的で存在感がないと自負する“明照”には唯一無二の親友“乙馬”がいる。
独り暮らしの彼が親友に託した合鍵を使って彼の部屋に入り浸る少女がいる。名は“彩羽”、
外では優等生ぶりを発揮して大人気の彼女が彼にはウザく絡んでくるのが悩みの種で──。

本作は“彩羽”がウザかわいいのをただ楽しむだけの物語ではなく、人生すら効率優先の
“明照”が結成した「5階同盟」が躍進するために全力を尽くす姿勢と、その熱い想いに
巻き込まれた人々の生き様がドラマティックに描写されるのを堪能できる秀作であります。

ある取引条件としてニセ彼氏を演じることになる“真白”の機微の変化、その背景の妙、
彼女と接点を持つことになる「5階同盟」の面々との関わり、何もかもが物語をより一層
面白くしていく要素として機能しているのが本当にスゴい。間違いなく推せる一作です。

posted by 秋野ソラ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185897812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック