2019年04月19日

『リアデイルの大地にて』

Ceez 先生の「小説家になろう」投稿作が書籍化。VRMMORPGの設定をそのままに200年が
経過した世界で目覚めた少女がNPCではない人々と触れ合い、生きる意味を求める物語です。
(イラスト:てんまそ 先生)

https://www.kadokawa.co.jp/product/321810000464/
https://ncode.syosetu.com/n1247p/


宿屋の少女に起こされた“佳菜”はゲーム「リアデイル」で作成したハイエルフ“ケーナ”
として転生したことに戸惑う。さらに200年が経過し、文明が後退している設定に二度驚く。
サポートAIによると現実の彼女は生命維持装置の停電で肉体的な死を迎えたと言うが──。

様々な謎はさておき、ハイレベルなキャラクター設定をそのまま受け継いだ“ケーナ”が
世間知らずだが一廉の人物として周囲に認められていく、その顛末が微笑ましくて面白い。
彼女と同じスキルマスターの存在を示す塔を探すワケですが、のしかかる現実が手厳しい。

“ケーナ”が作成したサブキャラクターの思いがけない位置づけがまた印象深くて、特に
“スカルゴ”の言動には驚きの連続です。そりゃあ彼女も辟易することうけあい。そんな
彼女の穏やかな日常に影を落とす存在がちらついて続きがどうなるのか実に興味津々です。

posted by 秋野ソラ at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185880210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック