2019年04月16日

『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.19』

聴猫芝居 先生が贈る、残念で楽しい日常≒ネトゲライフ。第19巻はメインクエストに挑む
“亜子”たちが方針定まらぬ中、“英騎”の父と彼女が顔合わせする機会に出くわします。
(イラスト:Hisasi 先生)

https://dengekibunko.jp/product/netogeyome/321811001102.html


「レジェンダリー・エイジ」のお話を改めて振り返る良い機会であると共に最後のメイン
クエストということで、色々と先を勘繰りたくなる話運びには物悲しさすら予感させます。
チーム内バトルまでして意見をぶつけ合うくらい“瀬川”たちは楽しんでいるようですが。

“瑞姫”がうんざりするくらいクリスマスでも親密な関係を見せつける“英騎”と“亜子”。
真剣に関係を築いている2人を「所詮は高校生同士のお付き合いだろ?」と軽く見ている
“英騎”の父の意識をどうしたら改善できるか頭を悩ませる2人の葛藤がすでに夫婦の域。

ネトゲで培ったすべての要素を活用して目標を達成するため労を惜しまない姿勢には見事
あっぱれと申し上げたいところ。人生もゲームも、メインクエストの落としどころが実に
本作らしくて良いと感じました。両家つつがなく挨拶を済ませたその先の展開に注目です。

posted by 秋野ソラ at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185866201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック