2019年04月11日

『デート・ア・ライブ20 十香ワールド』

橘公司 先生が贈る大人気シリーズ。第20巻は精霊たちとの穏やかな日々が戻ってきたかと
思っていた“士道”らに“狂三”から告げられる衝撃の事実。運命に抗う顛末を描きます。
(イラスト:つなこ 先生)

https://fantasiabunko.jp/product/201103date/321803001772.html


改変された世界、その鍵を握るのは“十香”。そして最後の精霊とも言える“反転十香”と
向き合うことになる“士道”にとってはこの物語の始まりを、そして“十香”との思い出を
振り返る契機を得たと言える助言一切なしのデートを成功させられるか、緊張感が募ります。

その運命を左右するデートを支えるために繰り広げられる“十香”を除く精霊たちの大勝負。
一番になる意味があるこその心技体を尽くした名勝負の数々が、限られたページの中に凝縮
されているのが本作らしいもう一つの「デート」とも言える気がして印象深く感じられます。

断章で語られる数々のモノローグ、そして序章において“澪”が呟いた精霊に対し抱く感情。
それらをすべて受け止める終章で、大勝負を制した「彼女」の示した想いが“十香”の心を
揺れ動かしたにも関わらず間に合わなかったその刹那、覆せるのか本編最終巻に大注目です。

posted by 秋野ソラ at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185842559
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック