2019年04月05日

『魔石グルメ 2 魔物の力を食べたオレは最強!』

菅原健二 先生によるコミカライズが早々に決まった、結城涼 先生の王道ファンタジー。
第2巻はちょっと特殊な学園生活をスタートさせた“アイン”の破天荒ぶりを描きます。
(イラスト:成瀬ちさと 先生)

https://kadokawabooks.jp/product/masekigurume/321807000702.html
https://ncode.syosetu.com/n0610eg/


新しく“アイン”の護衛に就くこととなった“ディル”。歩み寄りたい“アイン”と臣下
として堅苦しく振る舞う“ディル”の温度差が縮まらない中で発生する遠足での出来事が
それを埋める鍵としてうまく作用しており、心温まる感情を抱いたのが印象に残ります。

今巻でも珍しい魔石を摂取する“アイン”が人の道を外れていくところを級友に対して
思わず隠したりするあたりに彼なりの良心が感じられるというか一抹の不安すら覚える
気もします。放任主義な指導方針の学園で数少ない友達との関わりが活かせるか要注視。

過去に甚大な被害を及ぼした魔獣“海龍”の襲来に対応すべく単身向かう“クリス”を
是が非でも助けたいと無理を通して道理を引っ込める彼の無理、無茶、無謀ぶりの成果。
順調に真っ直ぐ育ってると感じられる顛末に安堵感を抱きつつ次なる局面も楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185819026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック