2019年02月22日

『推理作家(僕)が探偵と暮らすわけ』

久住四季 先生が贈る新作はミステリー作品。駆け出しの推理作家が執筆する実話に基づく
探偵物語、その契機となる自由奔放な探偵との出会いと遭遇する難事件の顛末を描きます。
(イラスト/中森 先生)

http://mwbunko.com/978-4-04-912279-4/


原稿は没になり、マンションの階下で発生した火事で家を追われる不幸まみれの“月瀬”。
先輩の伝手で同居人を探す男が住むビルへ身を寄せた彼は、物件も人物も訳アリだと知る。
殺人事件が起きた部屋に住む彼の名は“凜堂”。難事件の依頼しか受けない探偵で──。

“月瀬”の巻き込まれた火事が実は事故ではなく事件で、かつ容疑者として警察から目を
つけられる泣きっ面に蜂な同居人を助けた“凜堂”の名推理。助けられた“月瀬”が驚き、
助けた“凜堂”もまた日常を退屈させない逸材を前に関心を高めていく様子が微笑ましい。

“凜堂”が抱える特殊な家族関係によって引き寄せられたある代議士の死を解明する依頼。
彼が抱いたある違和感、その意味に気がついてから急転直下に解決を迎える事件の真相が
これまた驚きで興味深い。これは続きが読んでみたいミステリー作品です。オススメです。

posted by 秋野ソラ at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185593040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック