2019年02月21日

『最強夢装少女の俺がヒロインに正体バレた結果』

神秋昌史 先生が贈る新作は、なぜか戦うヒロインとして活躍することになった少年が本来
ヒロインとして戦う少女たちに正体を知られたどうなるか、を描くバトル・ラブコメです。
(イラスト:伊藤宗一 先生)

https://sneakerbunko.jp/product/orebare/321807000411.html


尖った夢を奪い強くなる魔王たちに唯一対抗できるのが夢で変身する夢装少女の少女たち。
夢を叶えると変身できなくなる彼女らの夢のケアを頼まれたのが優秀な生徒会長の“水人”。
彼こそ戦う“優羽”に惚れ、助けたい一心で夢装少女となりなぜか戦える稀有な少年で──。

何でもできるからこそ「夢がない」と自負する“水人”が黄昏騎士として活躍できる理由、
それは読み進めれば自ずとご理解いただけるかと思いますが、よりにもよって彼の秘密を
知ることになった“優羽”の反応がまた興味深く、まさにラブコメ要素につなげてきます。

“優羽”と一緒に戦う“九暮”や“楓子”が大事に抱える夢にも彼女たちらしさが窺えて
面白いですし、黄昏騎士との距離感も見所と言えましょう。最後に彼女たちを襲う強敵を
前にしてのバトルも熱く、安心して読める作品となっていると感じました。オススメです。

posted by 秋野ソラ at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185587510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック