2019年01月04日

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦6』

細音啓 先生が贈る王道ファンタジー。第6巻は陰謀渦巻く王宮へ向け“シスベル”の護衛
として同行する“イスカ”たちの前にいよいよ王女姉妹の長女“イリーティア”が現れます。
(イラスト:猫鍋蒼 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321804000871


“燐”がひた隠しにしていた劣等感すら暴き出す“シスベル”の星霊術。クーデター未遂、
その真相を必ず明らかにするであろう彼女の行動を妨げる長女“イリーティア”の怪しさ
たるや。いつみんなにひけらかしてくれるのだろう、という妙な期待感すら覚えるほどで。

“イリーティア”に足止めされた別荘にて嫉妬心を煽られまくる“アリス”の様子はもう
年頃の少女そのもので、“イスカ”とベッドでじゃれ合ったりする寝姿も可愛いのなんの。
微笑ましい一幕の裏側で“イリーティア”の抱える闇が見えてくる緊迫感を煽ってきます。

“イリーティア”が自虐的に語る自身の星霊術。故に見えてきた彼女の思い描くシナリオ。
「天帝国」「ネビュリス皇庁」という二極化した枠組みをも壊しかねない陰謀を前にして
“イスカ”と“アリス”は共闘できるか否か。女王“ネビュリス”の命運と共に注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185312646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック