2018年12月11日

『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 7』

手島史詞 先生が贈る、不愛想魔王と箱入りエルフによるラブコメファンタジー。第7巻は
新たな魔術師に命を狙われる“ザガン”が、“フォル”のために無人島へと足を運びます。
(イラスト/COMTA 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/816.html
https://hobbyjapan.co.jp/comic/series/madoai/


「愛で力」カウンターの様相を呈している“ゴメリ”が面目躍如となる場面の目白押し。
“ネフィ”の水着姿が可憐すぎて直視できず、念写魔術の改良に乗り出す“ザガン”の
へっぽこぶりが輪をかけて微笑ましい。カバー絵での浴衣姿フォローがありがたいです。

リゾート気分から一転してサバイバル生活へと突入しても動揺しない“ザガン”に隠れて
“シャスティル”と“バルバロス”の友達以上恋人未満っぽい掛け合いがまたこそばゆい。
“黒花”が“リリス”に心配される様子や、彼女が決意を口にする展開は心温まります。

今回“ザガン”の命を狙う“デカラビア”が魔王を退けた実力を見せつけた・・・かと思えば
その本質を見抜いた余裕ぶりを見せるあたりは“ザガン”らしい。その裏に隠されていた
戦いの火種すらも退けるあたりも。“アザゼル”の謎が更に深まり、続きが気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185178295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック