2018年09月05日

『お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。』

凪木エコ 先生が贈る新作は青春ラブコメ。一人で過ごす時間を何より楽しむ男子高校生が
思いがけず校内の美少女たちにおひとり様ライフを脅かされることになる顛末を描きます。
(イラスト:あゆま紗由 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321803001768


独りが好き。そう思って憚らない“春一”は落ち着ける静かな場所を求めて校内を彷徨う。
とある筋から教えられた空き教室を見つけた彼は担任に咎められ、交換条件を提示される。
クラスの親睦会で幹事をする彼に追随してきたのがなぜか校内のアイドル“華梨”で──。

「独りってそんなにダメなことなんですか?」と嘯く筋の通った“春一”の言動が印象的。
「できない」のではなく「しない」というのがまたズルい。うらやまけしからんヤツです。
幹事をするのは友だち作りのためだ、と勘違いした“華梨”の振り回されっぷりが面白い。

“春一”にべったりな妹の“ゆず”や、何かと嗜好が合う“英玲奈”にも付き合わされて
独りの時間を奪われていく彼が、親睦会の幹事を務めることで変わる所、変わらない所を
見届けてみるのも一興かと思います。“華梨”の頑張りぶりもぜひ応援してあげて下さい。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184343892
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック