2018年09月04日

『ジャナ研の憂鬱な事件簿4』

酒井田寛太郎 先生が贈る日常系ミステリー。第4巻は“啓介”が事件と関わる姿を通じて
真実とどう向き合うのかを問いかける“真冬”が、その答えに対し彼の本質を見抜きます。
(イラスト:白身魚 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517484


「金魚はどこだ?」では写真部がコンクールで金賞をとった被写体である金魚とその鉢が
無くなる事件に臨む“啓介”。部員の“玲”が置かれている境遇などを踏まえ真相に迫る
過程において、自身が「推理する」ということに対する葛藤に似た感情を抱くのが印象的。

「スウィート・マイ・ホーム」では“ユリ”の母が勤める介護施設で起こる騒動を巡って
“啓介”の推理は身を助ける「芸」になると評価する“真冬”と意見が決定的に分かれる
重要な話。白身魚 先生の挿絵が両者の意志を見事に演出しています。自惚れでしたなぁ。

「ジュリエットの亡霊」では幽霊を見たという“玲”の話を受け事の真相を探る“啓介”。
“真冬”が寄り付かなくなったジャナ研の雰囲気と意外な結末がもたらす一抹の寂しさは
気が気でない。加えてあの間の悪さ。“啓介”は己と向き合う暇があるのか気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184337718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック