2018年08月30日

『子育て陰陽師 へっぽこアラサー男と狐と小さなお弟子さん』

真楠ヨウ 先生の「第5回富士見ラノベ文芸大賞・金賞」受賞作にしてデビュー作。有数の
見鬼眼だけが取り柄という陰陽師を訪ねた4歳の女の子がもたらす生活の変化を描きます。
(イラスト 紀伊カンナ 先生)

https://www.kadokawa.co.jp/product/321804000773/


「あのねサヤね、間宮のおじさんに言われてここの子になるの。」見ず知らずの幼女から
いきなり宣言されて困惑する陰陽師の“春明”とその式神“識”。元気いっぱいの彼女は
式神にも興味津々で・・・ということは彼と同じく「視える」能力者のようなのだけど──。

対称的に優秀な兄からの要請もあり“サヤカ”を引き取ることになった“春明”。見鬼眼
という能力の危うさについて説くも思うようにいかず、子育ての面からも“識”からは
ダメ出しの連続で“春明”のへっぽこぶりがコミカルな前半は楽しく読み進められます。

“サヤカ”との生活にも慣れてきた所で現れる彼女の親族。離れたくない彼女とは裏腹に
あっさり引き渡しを決める“春明”。それが思わぬ怪異を招いて後悔するあたりですとか
やるときはしっかりやる彼のシリアスさにご注目。新しい家族の姿を見守りたいお話です。

posted by 秋野ソラ at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184294333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック