2018年07月12日

『魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった4』

朱月十話 先生が贈るファンタジー作品。第4巻は仲間の力を借りてどうにか強敵を倒した
“ディック”に娘ができたり“ヴェルレーヌ”の弟が出張ってきたりと騒がしくなります。
(イラスト:鳴瀬ひろふみ 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321709000006
https://ncode.syosetu.com/n9565dj/


女性陣からの好意を体で受け止める訳にいかない“ディック”の立場から娘を作り上げる
設定の活かし方にまず驚かされます。やってくれたな、という思いです。“ミラルカ”の
誤解をさりげない仕草で解消していく“スフィア”の純真さが何ともかわいらしいもので。

名を隠し切れない活躍ぶりに目をつけた国王から持ち掛けられた悩み、エルセインからの
“ヴェルレーヌ”返還要求への対応に思いがけない形で介入することになる“ディック”。
ラッキースケベな看護を受けているとは知らず、しっかり仕事をしていくあたりが流石で。

“ジュリアス”が事態をかき回すことになった今回の騒動。その裏にある背景、あるいは
暗躍する人物たちの思惑が見え隠れする様子、それがどう話に繋がっていくのかを楽しむ
話運びに魅せられます。嵐の前の静けさ、といった引き具合が活かされる次巻に期待です。

posted by 秋野ソラ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183841821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック