2018年06月26日

『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.17』

聴猫芝居 先生が贈る、残念で楽しい日常≒ネトゲライフ。第17巻は“シュバイン”として
ネトゲに勤しむ“茜”が身バレの窮地。隠れオタとして究極の選択肢が突き付けられます。
(イラスト/Hisasi 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-893900-3/


「オタクもJKも卒業する〜!」などと錯乱する“茜”。とは言え、それも自業自得に近い
彼女の立ち回り故なのですが、そこに“英騎”たちも一緒にネトゲをやめることを決断
させるなど、それこそムリゲーと言わざるを得ない話の行方がコミカルに進んでいきます。

リア充計画に巻き込まれた“亜子”のイメチェン姿を堪能したり、“亜子”公認で“茜”
とデートを満喫したり、と相変わらず役得の多い“英騎”。彼も含め、改めてネトゲと
実生活との距離感を考えさせる場面が印象深い。結論は、まぁ、推して知るべしですが。

この騒動に決着をつけるために、元生徒会長が成し遂げられなかった悲願のミスコンが
関わってくる話運びがまた面白い。ここでも巻き込まれる“亜子”には手を合わせつつ、
エピローグにつけられた副題に“茜”の真骨頂を見ました。新体制の動向にも注目です。

posted by 秋野ソラ at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183637552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック