2018年05月10日

『察知されない最強職(ルール・ブレイカー)1』

三上康明 先生の「小説家になろう」投稿作が書籍化。交通事故死した少年が死後の世界で
人助けしたことを契機にある頼み事を果たすため異世界に転生する、その命運を描きます。
(イラスト:八城惺架 先生)

https://herobunko.com/books/hero59/8069/
https://ncode.syosetu.com/n5475dz/


腐敗した貴族政治に巻き込まれ、両親を冤罪で殺された“ローランド”。彼は復讐のため
「世界を渡る術」の研究を成し遂げるが、襲撃されてしまう。命を失う僅かな時間、術を
行使し、死後の世界で己の体を転生先とする代わりに復讐を果たしてくれる人を探す──。

ステータスが見えるもののスキルツリーの全容は見えない中で、“ローランド”の体に転生
した“ヒカル”が1時間の中でどう復讐を遂げるのか。その緊張感で話に惹き込まれます。
選んだ選択肢が後に冒険者として生きていく上でもプラスに働いていくのがまた興味深い。

冒険者として急速に経験を積んでいく“ヒカル”が、復讐の場での窮地を救ってくれた少女
“ラヴィア”にその罪を被せられようとしたとき、立ちはだかる強敵にどう立ち向かうか。
熱い戦いの果てに迎える結末、そして“葉月”先輩の思わせぶりな言葉にも注目の一作です。

posted by 秋野ソラ at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183191486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック