2018年05月02日

『乃木坂明日夏の秘密』

『乃木坂春香の秘密』シリーズ完結から約6年。“春香”の娘“明日夏”たちを軸にした
次世代シークレット・ラブコメを再び しゃあ 先生と組んで 五十嵐雄策 先生が綴ります。
(イラスト/しゃあ 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-893798-6/


私立白城学園のAMW(アニメ・マンガ・ウォッチング)研究会に所属する“善人”は幼馴染
である“冬姫”のガチさには劣る、ライトなアキバ系男子。同じ会に所属する乃木坂家の
令嬢“明日夏”のある秘密を偶然知ったことで日常生活を共に過ごす機会が増えるが──。

“春香”の時とは真逆で「アキバ系ではないこと」をひた隠しにする“明日夏”の苦悩は
真剣であるが故に、つい微笑ましく映ってしまいます。血が為せる業なのかも知れません。
窮地を度々救ってくれる“善人”に秘密を知る度、彼女が思慕の念を抱くのも自然な流れ。

やがて乃木坂家のホームパーティに招かれ家族の覚えもよくなった所で、最大級の秘密を
“明日夏”自身から打ち明けられた“善人”の決意が、この時ばかりは格好良く見えます。
46個すべての秘密を知って彼はどう立ち居振舞うのか。想像するだけでも楽しいものです。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183134700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック