2018年02月16日

『声なき魔女と星の塔』

『レトリカ・クロニクル』でデビューした 森日向 先生が贈る新作は冒険ファンタジー。
声を奪われた魔導師の少女を救った少年が彼女を巡る大きな陰謀に巻き込まれていきます。
(イラスト:岩崎美奈子 先生)

http://mwbunko.com/978-4-04-893452-7/


王国の主席導師に無実の罪を着せられた宮廷導師の“ステラ”は声を封じられ谷底へ落下。
彼女の一縷の望みを拾い上げたのが古代遺跡を発掘する隊商にいる“ファル”。その素性を
知った彼は他の導師らと同様、少数民族との混血の身を忌み嫌ってくるのかと思ったが──。

真面目で頑張り屋な“ステラ”に救われ、惹かれていく“ファル”。追手が掛かる彼女には
出自の秘密が、彼女を助けたいと思う彼には世界の秘密が、思いがけずのしかかってきます。
それが2人の絆を時に深め、躓かせる展開に惹かれます。声が出ないことの絡め方も上手い。

さらに“ステラ”を巡って様々な理想を追い求める人物が、思いがけない形で物語を動かし
彼女たちですら予想だにしない想いを託され、そして終章に繋がっていく結びが心地よい。
帯にある通り、夢と冒険を忘れかけた体に染みわたる物語。存分に楽しませてもらいました。

posted by 秋野ソラ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182425036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック