2018年02月13日

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』

しめさば 先生の「カクヨム」投稿作が書籍化。片思いの上司に振られ、ヤケ酒におぼれた
男性サラリーマンが家出中の女子高生を泊めた所から始まる同居生活を描くラブコメです。
(イラスト:ぶーた 先生)

http://sneakerbunko.jp/bookdetails/?pcd=321709000487
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882739112


「ヤらせてあげるから泊めて」旭川から家出してきた女子高生の“沙優”が酔った“吉田”
に対して向けた言葉。そして彼は「甘ったれな根性がマシになるまでは置いといてやる」と
動揺しながらも強気な姿勢。一泊どころか同居することになった2人の心境は如何に──。

“沙優”がいることで思わぬ生活改善に繋がる“吉田”。彼が教育受け持つ新人“三島”や
玉砕した上司の“後藤”に目をつけられて探りを入れられる場面とか羨ましいものですな。
そんな彼の優しさ、特に体を求めないことに対し揺れていく“沙優”の心境が見所の一つ。

やがて“沙優”の心の振幅が許容範囲を超えた時、ある行動に出る訳ですが、それを収める
あのシーンは印象深いものがありました。過去はどうあれ、今を生きる“沙優”の等身大の
機微を受け止めてほしい、と感じる作品。穏やかに心温まるラブコメが読みたい方にお薦め。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182400605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック