2018年02月09日

『友人キャラは大変ですか?4』

伊達康 先生が贈る名助演ラブコメ。第4巻は失踪した“エルミーラ”を探す“一郎”が
子育て生活の支援を余儀なくされてしまう、彼女が抱える「深い事情」に巻き込まれます。
(イラスト:紅緒 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517170


常闇の血族としての事情ゆえに赤子の“シズマ”を預かることになった“エルミーラ”。
だからこそ“龍牙”たちに相談できない、と頑なに“一郎”からの説得を拒む彼女が夫婦
としての既成事実を盛り込もうとするしたたかさが面白い。彼にとっては悩みの種ですが。

“トウテツ”だけでなく“エルミーラ”を狙う“キュウキ”からも「主人公だろう?」と
指摘される“一郎”。否定しようにも彼女と「奈落の三姫」に繋ぎをつけたり“杏花”の
危機を救ったり、と実績が積み上がっていく展開に苦笑せざるを得ず。こちらも頑なです。

“雪宮”と“トウテツ”、“龍牙”と“呪理”など、敵味方の区別も曖昧となっていく中、
“エルミーラ”が抱える悩みはどう解決されるのか。今巻最大の仰天イベントにご注目。
そして最後の四凶“トウコツ”の思いがけない登場シーンがどう絡んでくるか楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182363825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック