2018年02月07日

『自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ? 3』

sorani 先生によるコミック連載が始まる、三河ごーすと 先生の学園ゲーム系頭脳バトル。
第3巻は生徒会全員を相手にする“紅蓮”が「ゲーム」に対する本気を見せつけてきます。
(イラスト:ねこめたる 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1618


最愛の兄と接触できない“可憐”の倒錯ぶりがいつも以上で痛々しく。妹を救うべく動く
“紅蓮”らが臨む最初の壁「イイネ稼ぎゲーム」はどう見ても不利・・・かと思えば突飛な
策で容赦なくねじ伏せていく。信頼すべき所はちゃんと委ねる、その姿勢が空恐ろしい。

“楓”や“桃花”に加え、“透夜”と相対するため肩入れする“朝人”と“姫狐”と共に
VR脱出ゲームに参加する“紅蓮”。彼に固執する“水葉”の異常さは“可憐”に劣らず。
“朝人”らの真意も垣間見えたりして、ゲーム以外の局面でも興味深い展開を魅せます。

“紅蓮”はチーム戦でも勝てる、その方法を脱出の鍵を握る「アリスゲーム」で集大成
の如く示してきます。生徒会の面々から散々侮られた“楓”と“桃花”に花を持たせる
余裕ぶりがまた憎らしい。引きから窺える二大対決の行方、それを描く続きに注目です。

posted by 秋野ソラ at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182348305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック