2018年01月10日

『魔術破りのリベンジ・マギア 3.はぐれ陰陽師の越境魔術』

子子子子子子子 先生が贈るハイエンド魔術バトルアクション。第3巻は別の学園にて発生
した殺人事件の真相究明に乗り出す“晴栄”が、因縁の幼なじみと意外な真相に遭遇します。
(イラスト/伊吹のつ 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/762.html
http://hobbyjapan.co.jp/comic/series/revenge/


暁星学園の学園長“イェイツ”とその秘書“イズールト”による教育上よろしくない場面
から始まる今回の物語。学園内で唯一陰陽道に精通する人物“露花”が友人を殺害したと
する疑いを“晴栄”が晴らすべく動くのですが、彼女にとっては兄を誅殺した相手な訳で。

いきなり“晴栄”とのバトルを所望する跳ねっ返りぶりが目立つ“露花”ですが、次第に
彼の内心を“ティチュ”や“狐狼丸”を通じて知ることになります。次第に軟化していく
彼女の複雑な心境が描かれていくところにまずご注目。ちゃんと反省できる姿勢が好感触。

では、そもそもの「殺人事件の犯人」は誰か。本作らしいアプローチで迫る展開や戦闘の
描写が熱いです。“ティチュ”らの他に“イェイツ”と“イズールト”のコンビ、そして
“露花”も見せ場があります。宮社惣恭 先生による漫画連載も始まり楽しみが広がります。

posted by 秋野ソラ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182093065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック